平昌オリンピック

神戸市 北区で神戸新聞、産経新聞を販売しております。

箕谷神戸北町販売所です。

平昌オリンピックが開催中でテレビ、新聞報道などに釘付けになる毎日を過ごしております。

スノーボードの平野歩夢選手、惜しかった。

ショーンホワイト選手の3回目の滑走が終わり逆転された時の座り込んだ姿が印象的でした。

クールで何か心に秘めた物がすごく感じるなと思いました。

前回大会、15歳で銀メダルを獲得してからの4年間。また怪我による半年間のリハビリなど4年間のドラマに胸が熱くなりました。

私達が知らない所ではさらにすごいドラマがあったんだろうなとも思います。
周りの方への感謝の言葉や悔しさを押さえて受けるインタビューを見ると凄まじい精神力の持ち主だなと感心します。

目の前で金メダルがすり抜けた後に受けるインタビューをあのように落ち着いて話が出来るなと思います。悔しくて悔しくて仕方がないはずなのにと。



また彼の発言や行動を見るとかなりのプラス思考にも感じます。

感動をありがとうです。

まだまだオリンピックは終わりませんが、心に響くドラマがまたあるっと思います。

まだ当分、目が離せない日が続きそうです。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です