TAKIGAWAⅡファミリーカップ結果

こんにちは 神戸市北区で神戸新聞、産経新聞を扱う箕谷神戸北町販売所(有限会社脇水新聞舗)です。

8月20日から8月22日まで淡路島佐野運動公園で行われましたTAKIGAWAⅡファミリーカップに行ってまいりました。

我々神戸新聞販売店10店は協賛と言う事でこの大会に参加させて頂いています。

今回で第9回になる今大会は流通科学大学の4連覇をどこのチームが阻止するかと言う事に注目が集まりました。

また来年度にはどこが1部に昇格するかという所も見どころになりました。

まずは2部であるブンデスリーグでは滝川高校がこのリーグを優勝し来年度の昇格を手にしましたが、新潟県から参加の開志国際高校が最後まで滝川高校と勝ち点を争いましたが2位となり来期の昇格を手にしています。

滝川高校は兵庫県国体選抜監督の小森先生が指導されており、手腕はさすがという所でした。

開始国際高校は昨年からの参加となりましたが昨年は惨敗が続き悔し涙を流しました。しかし今年のチームはかなり強化されていた印象を受けました。今年の新潟県の選手権予選では面白い存在になるのではないかと思います。ちなみにこの学校はまだ新しい学校ですが今年のインターハイバスケットボールでは日本一になった高校です。またオリンピックハーフパイプ2大会連続銀メダリストの平野歩夢選手の母校としても有名です。なんせ学校の施設が凄い。

また今年が初参加の夢野高校。昨年まで御影高校を指導していました小林先生が現在指導されている高校です。
初参加で2部といえども強豪が引き締め合うこの大会で何かを掴んでくれたのではないでしょうか。
そして小林先生はチームのビルドアップには抜群の手腕を発揮してくれますので来期以降楽しみです。
ちなみに御影高校指導時代はジャイアントキリングの御影と僕は呼んでいました。本当に凄いです(笑)

大阪の常翔学園、今年のインターハイで金光大阪を苦しめた大阪偕星学園、兵庫県で西の雄になりつつある東播工業

三重県から桑名西高校、そして岡山県の倉敷高校。倉敷高校には7月の豪雨での水害で避難生活をされている選手もいる中で参加して頂き、私達はサッカーで元気になってもらいたく日本代表選手のサイン入りユニホームを大会から送らせて頂きました。
1日でも早く通常の生活に戻れるよう陰ながら応援しています。

次回は1部プレミアリーグの結果を綴ります。
つづく



#サッカー日本代表 
#高校サッカー選手権大会 
#流通科学大学サッカー部
#ライフスキル
#スポーツ心理学
#神戸新聞
#新聞販売
#神戸新聞販売店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です